3 Posts

外資系企業で求められる素質は、臨機応変な対応力、語学力、自立性、ITを活用できるかです。組織改編、戦略転換が日系企業よりも迅速に行われるため、スピードについていける柔軟性が必須になります。また、上司が日本にいる外国人、日本人、海外にいる外国人と様々です。そのため、語学力も必要であり、自分がどのような人材なのか、どうしたいのかを常に発信できることが重要です。成果主義のため、結果をだすために自ら切り開いていかなければなりません。また、上司が海外に常在し、実際に会うのはお互いの出張時のみということもあります。語学力だけでなく、必要最低限のIT活用能力は求められます。上司もグローバルに交代し、日系企業のように部下に関する引き継ぎまで行われません。既存の人間関係に甘えることはできず、常に自らアピールすることが大切です。転職前も外資系企業の職歴がある方が、有利です。やはり、近年徐々に減りつつはありますが、年功序列、上下関係を大切にしてきた日系企業とは文化的に異なるからです。外資系企業での経験者の方が、違和感なく対応することができます。また、転職の場合は新卒時と異なり、素質だけでなく、実績も問われます。即戦力として活用できるかが全てです。構築してきた職歴を客観的にアピールできるようにしておきましょう。社内での評価だけでなく、グローバルな視点で自分の市場価値を意識して仕事をしてきた方はアピールしやすいでしょう。

外資系に転職を希望される方々が年々増えています。日系の企業に勤務している間に身につけたスキルを活かして、自分自身を売り込みたいという野心的なビジネスマンは多くいらしゃいます。外資系というと人間関係がドライな実力主義的庵な職場というイメージをお持ちの方が多いと思います。ある一面、そういう部分もありますが、当然ビジネスを遂行する上でコミュニケーションのない職場はありません。ただ日本の会社においてよくみられるような慣れ合い的な文化はあまり存在しません。合理的志向の強い欧米人は曖昧さに慣れていません。イエスかノーの世界です。外資系の職場に向いている方は論理的思考能力が強く、コミュニケーション能力に長けている方です。転職の際に要求されるスキルは非常に高いです。語学は英語でいうならTOEIC860点以上は欲しい所です。応募する分野での高いスキルは当然必要ですが、外資系の会社の人間が欲するのはマネジメント能力を持ちあわせている人間です。ある程度の規模の組織やプロジェクトを経験された即戦力が採用されます。しかし、その環境の中で経験できる事は非常に得難いものがあります。これからの時代、グローバルな視点に立って、物事を判断できる高い分析力や、行動力を持つ人間が求められています。長い人生の中、一度は外資系の会社でグローバルビジネスに挑戦したいという高い理想を持つ事で自分自身のキャリアの大きな励みとなります。

外資系企業とはどのようなものなのでしょうか?よく持たれるイメージは外国語を使用したエリート集団。華やかで高給を得ている人達というイメージが一般的だと思います。仕事に関してもドライな実力主義を採用している会社で競争が厳しいというイメージだと思います。大部分はあたっています。ビジネスで要求されるスキルや能力は高いですが、その分やりがいは非常にあります。そのような外資系に転職するポイントですが、まずはやはり語学力の問題です。英語がグローバルな言語として使われているのは当然ですが、多くの外資系企業でも英語力は必須です。ネイティブ並みの英語力がなければビジネスを遂行するのはとても難しいです。次に、その分野での高い専門知識と論理的思考能力が必須です。日本人の志向と違い、外国人は物事を非常に合理的且つ、論理的に考えます。日本社会特有の曖昧さは理解されません。論理的に話し、書くという思考と方法が必要となってきます。そして転職に際してはマネジメント能力も要求されます。望まれるのは前職でプロジェクトを統括したり、一つのセクションを管理・運営した実績のある人間です。このような経験を持つビジネスマンを外資系の採用担当者は望んでいます。以上の事を踏まえ自分が、外資系のその会社の企業風土や仕事の進め方、業務内容にフィットできるかどうかをしっかり考える必要があります。熟慮した上で転職をしないと後々大きな後悔をする可能性もあります。